本文へスキップ

廃プラスチック材料リサイクル施設

設備解砕機・搬送コンベヤ・選別コンベヤ・振動篩・光学式自動選別機・ 磁力選別機・粉砕機・洗浄機・比重分離槽・脱水機・ペレタイザー・排水処理施
処理品目一般廃棄物(廃プラ)
産業廃棄物(廃プラ)
製造能力(ペレット)
 17.6T/22h



 施設の特徴


 主に、市町村から発生した容器包装のその他プラを製品原料として再生処理を行います。
 選別には、手選別・磁力選別・比重分離選別のほかに光学式自動選別を行い、高純度の分別を行います。
 高純度で回収したプラは、粉砕後、洗浄し、より良質な原料として、ペレタイザーにてペレットを製造します。
 洗浄水は、排水処理施設にて放流可能な基準まで処理した後、既設焼却炉の冷却用水として全量使用します。
 また、選別した不適物は、併設しているRPF製造ラインにて、木屑と混ぜてRPFとして再利用されます。
品質管理
 製品名:PE・PP混合ペレット
 検査項目:塩素・主成分・水分・組成・MFR・密度・吸湿
 検査機関:外部検査機関及び自社検査



廃プラスチック再生フローシート



廃プラスチック再生フローシート

▲画像をクリックすると拡大画像のウィンドウが開きます▲







廃プラスチック材料リサイクル施設
(処理能力 39.6トン/日)


現在の処理状況

1.原料の廃プラスチック
 主に容器包装リサイクルのその他プラ
原料の廃プラスチック

↓

2.廃プラスチックのストックヤード
廃プラスチックのストックヤード

↓

3.解砕機
 包装されている廃プラを解砕します。
解砕機

↓

4.搬送コンベア
 解砕されたプラを手選別ラインに搬送します。
搬送コンベア

↓

5.手選別コンベア
 特に不適なものを手選別します。
手選別コンベア

↓

6.光学選別機
 ペレットの原料になるPP・PEを光学センサーにより自動選別します。
光学選別機

↓

7.第2光学選別機
 Eの光学選別機で選別した適物の中から、さらに塩ビ系及びアルミ等を除去します。
第2光学選別機

↓

8.破砕機
 選別されたプラを破砕します。
破砕機

↓

9.洗浄機・比重分離機ライン
 破砕されたプラを洗浄し、比重分離機にて、より選別精度を高めます。
洗浄機・比重分離機ライン

↓

10.脱水・乾燥ライン
 洗浄されたプラを脱水・乾燥します。
脱水・乾燥ライン

↓

11.ペレタイザー
 洗浄・乾燥したプラを加熱し、ペレット状の原料を製作します。
ペレタイザー

↓

12.ペレットヤード
 ペレットをトンパンックに詰め保管します。
ペレットヤード

◆ ペレット ◆
 φ3mm程度の完成品です。
ペレット
【再生原料を使う製造メーカーに売却】


◆ 製品例 ◆
パレット
パレット




● 水処理施設 ●
 洗浄水を殺菌・PH調整・ろ過等を行い、排水基準まで処理をし処理水は、放流せずに場内の焼却炉の冷却水として使用するクローズドシステムです。
水処理施設



ナビゲーション











旭鉱石株式会社
リサイクリング旭

〒771-4265
徳島県徳島市飯谷町
枇杷の久保13番地4
TEL.088-645-0169(代表)
TEL.088-645-0373(材料注文受付)
FAX.088-645-1575