<新設焼却施設>

設備ロータリー式乾燥炉+特殊階段式ストーカ炉
(新排ガス基準及び構造基準適合)
焼却対象品目一般廃棄物(可燃ゴミ)、木くず、紙くず、廃プラスチック類
汚泥、動植物性残渣、廃油、廃酸、廃アルカリ
焼却能力45トン/日(乾燥前)
敷地面積7,792u



施設の特徴

【固形・液状・泥状ごみの焼却】
  前処理として破砕機を備え、ロータリー式汚泥乾燥炉と特殊階段式ストーカ炉および二次燃焼室を備えていますので、
  様々な形状・性状の廃棄物を焼却できます。

【廃熱の有効利用】
  焼却炉の高温排ガスで汚泥の乾燥を行い、廃熱のサーマルリサイクルを計ります。

【環境汚染防止に徹したクリーン施設】
  ダイオキシン類対策として、焼却物の安定供給を行い、800〜1000℃で燃焼させ、十分な滞留時間をとって完全燃焼させます。
  また、排ガスは冷却水噴霧により200℃以下まで急速冷却をし、ダイオキシン類の再合成を防止します。
  その後、有害ガス除去のため活性炭・消石灰を噴霧した後、バグフィルターにて除去します。
  また、施設内の排水は、クローズドシステムにより炉内処理をしますので、場外には排水しない環境対策も施しております。

【一般廃棄物も焼却可能】
  一般廃棄物の焼却施設としての許可も取得しますので、草・流木・剪定枝等も焼却可能です。



乾燥炉+ストーカー炉 フローシート


フローシート
▲画像をクリックすると拡大画像のウィンドウが開きます▲





 新設焼却炉施設



■ 焼却プラント全景 ■
焼却プラント全景


■ 破砕機 ■
 可燃ゴミ・紙くず・木くず・廃プラスチックを焼却可能な大きさに破砕します。
 一部の木くずは、破砕処理後リサイクルします。
破砕機


■ 乾燥機 ■
 高温の燃焼排ガスを用いて汚泥・動物性残渣を乾燥し、ストーカ炉へ供給します。
乾燥機


■ 焼却炉 ■
 燃焼装置はストーカ方式で、炉内は800〜1000℃の高温で燃焼し、
 ダイオキシンの発生を抑え灰になるまで燃焼します。
焼却炉


■ 排ガス処理設備 ■
 ダイオキシンなどの有害ガスを活性炭で吸着し、
 また、塩化水素を消石灰で中和処理して、ばいじんと一緒にバグフィルターで除去します。
排ガス処理設備


■ 操作室(中央制御室) ■
 施設内の各機器を集中監視・制御します。
操作室


■ ストックヤード ■
 廃棄物はストックヤードで一時貯留します。
ストックヤード


■ 投入クレーン ■
 ピットの廃棄物を焼却炉に、汚泥を乾燥機に供給します。
投入クレーン


■ ガス冷却塔 ■
 二次燃焼室から排出される高温の排ガスを直接水噴射することで
 バグフィルタ入口温度を200℃以下に制御します。
ガス冷却塔




   © 2020 旭鉱石株式会社