環境活動報告

◇品質・環境方針

「環境の変化に果敢にチャレンジ 技術創造で社会に貢献する。」

 1.品質の向上を目指し、お客様から信頼と満足を頂ける製品を安定して供給する。
 2.適用可能な法規則、協定及び当社が同意するその他の要求事項を遵守し、安心・安全な製品を提供する。
 3.全ての活動において目標を設定・レビューを実施し、品質・環境マネジメントシステムの有効性を継続的に改善する。
 4.製品及び製造において、品質・環境に与える影響を十分認識し、品質不具合、環境汚染の予防を経済的、技術的に可能な限り推進する。
 5.方針の実現の為に、品質・環境目標を設定し取り組む。また目標は定期的に評価、見直しを行い継続的な改善に努めます。
 6.この品質・環境方針は当社及び関連する会社の社員に周知するとともに、一般に公開する。
 
▲画像をクリックすると拡大画像のウィンドウが開きます▲
▲画像をクリックすると拡大画像のウィンドウが開きます▲


◇取組事項
・廃棄物の有効利用

 事業部門  事業活動   R2年度実績(t)
 砕石部門   がれき類の受入量 70,619
 再生砕石の販売量 79,693
 焼却部門     受入廃棄物量 20,971
 焼却量 11,577
 乾燥量 3,185
 燃え殻、飛灰委託処分量 1,414
 プラ再生部門    廃プラスチック受入量 8,508
 再生プラスチック販売量 4,145
 燃料用RPF販売量 4,755


・環境負荷の少ない事業活動の実施
 省エネ活動   電力使用量の削減  不要時の消灯
 省エネ事務機器の採用
 デマンド監視装置の採用
 軽油使用量の削減  省エネ運転の励行
(アイドリングストップ)
 低燃費車両や重機の採用
 省資源活動   水使用量の削減  廃プラスチック洗浄水の再利用
 紙使用量の削減  裏紙の使用
 周辺環境への配慮  粉じんの発生抑制  構内道路への散水
(一部自動散水化)
 車両タイヤの洗浄
 場内排水の浄化  排水調整池の設置整備
 騒音・振動の発生抑制  騒音・振動対策車両・機器の使用
 悪臭の抑制  消臭施設の整備 
 場内ごみ飛散防止  毎週ごみ清掃
 場内緑化の推進  掘削法面への植樹
 周辺道路の清掃  周辺道路清掃(年1回)
 勝浦川清掃奉仕(年1回)


・環境測定データ
   騒音 振動  水質PH  水質BOD   水質COD
 基準値  65db以下  65db未満 5.8~8.6以下  160mg/L以下  160mg/L以下
 管理値 60db以下  60db未満  6.0~8.0以下  150mg/L以下 150mg/L以下
 R3年度上期平均 52.0  30未満  7.4  40.6 30.1
 R2年度平均 51.0  30未満  7.4  52.8 36.0
 H31年度平均  52.0  30未満  7.4  45.6 38.3

 水質SS 水質T-N 水質T-P 鉱油類   動物性油脂類
 基準値  200mg/L以下 120mg/L以下 16mg/L以下 5mg/L以下 30mg/L以下
 管理値 100mg/L以下 60mg/L以下  8mg/L以下 2mg/L以下 10mg/L以下
 R3年度上期平均 10.2 1.5 0.098 <0.5 0.583
 R2年度平均 6.0 2.3 0.037 <0.5 0.975
 H31年度平均  9.1 2.0 0.070 <0.5 0.733


・電力、水、軽油(プラ再生工場使用量)
電力   軽油
 管理値 390,000(kwh) 11,500(㎥) 770(ℓ)
 R3年度上期平均 331,869  10,457 547
 R2年度平均 327,587  12,218 558
 H31年度平均  349,369  11,101 757



◇環境関連資格保有者数
内部監査員       5名
産業廃棄物技術資格者  3名     危険物取扱保安責任者   3名
一般粉じん規格     5名     ダイオキシンばく露防止  5名





© 2021 旭鉱石株式会社